女性の6〜7割が苦しんでいる!便秘に青汁は有効

青汁には便通を促し便秘を改善するという効果があります。

 

女性の6〜7割が苦しんでいる!便秘に青汁は有効

特に、日本人に多いとされている「弛緩性便秘」に有効です。

 

若い日本人女性の6〜7割は便秘だといわれているので、積極的に改善することが求められます。

青汁が便秘解消に役立つ2つの理由

青汁は、様々な便秘に効果を発揮しますが、特に「弛緩性便秘」と「直腸性便秘」の改善に効果を発揮します。

1.たっぷりの有効成分で鈍感になった胃腸を適度に動かす

青汁を服用すると含まれている食物繊維と抗酸化物質、各種ミネラルとビタミンなどにより胃腸の働きがよくなり蠕動運動が活発になることにより便秘改善に効果を発揮します。

 

更に、直腸の神経鈍化も改善するという効果もあることから、慢性的な便秘の改善にも役立ちます。

2.酵素の働きで胃腸虚弱を改善

青汁には「酵素」と呼ばれる消化促進及び胃腸の働きを活性化する物質が豊富に含まれています。

 

酵素には、胃腸虚弱を改善する効果があることから、胃腸虚弱が原因で便秘が引き起こされているお年寄りや子供さんの便秘解消にも効果を発揮します。

以上のような青汁の効果を得るためには、普段より継続的に青汁を摂取して便秘の予防に努めるようにします。

 

胃腸の状態は一度狂うと中々元に戻ってくれないので、普段より青汁を服用し、常にいい状態にキープすることが大切です。

あなたはどのタイプ?日本人に多い便秘の種類3つ

便秘の種類は大きく分けて3種類に分けられます。

便秘の種類

特徴

弛緩性便秘

日本人に一番多いタイプです。
大腸の蠕動運動が低下してものが入ってきても動かず結果便秘となります。

 

症状としては便秘をしても不快感に乏しい、皮下脂肪が多い、筋肉が少ないなどがあります。

緊張性便秘

弛緩性は反対に腹部の緊張により腸の筋肉が痙攣して便が排出されにくくなります。

 

症状はガスやゲップが多く、便秘になると腹が張るなどの不快症状が強いなどがあります。

直腸性便秘

弛緩性便秘を放置していると直腸の神経が鈍化して便が直腸にあるのにも関わらず便意がないという状態が引き起こされます。

 

症状は便秘をしても不快感に乏しい、下腹部がぽっこりと出るなどがあります。

便秘解消のために、青汁と一緒に続けたいこと

日本人に多い弛緩性便秘を改善するためには筋肉を鍛えるという方法が一番効果的です。

 

筋肉を鍛えると腸周辺の筋肉の動きが活発になることにより腸の蠕動運動も改善されると共に、全身の交感神経も刺激されるので胃腸の動きがよくなります。

便秘解消のために、青汁と一緒に続けたいこと

 

一日30分〜1時間を目安に毎日続けるようにします。