逆流性食道炎には、大麦若葉が原料の青汁がおすすめ!

青汁には胃酸が逆流することによって引き起こされる炎症を抑制する効果があります。

 

特に大麦若葉にはストレス軽減効果があり、ストレスによって引き起こされる逆流性食道炎に効果が期待できます。

 

逆流性食道炎の原因は胃酸の逆流です。胃酸は胃に分泌される酸性度の高い消化液です。

 

胃壁は粘液でコーティングされている為に胃酸でも傷つきにくくなっていますが、その上にある食道は粘膜がむき出しになっているために、胃酸に触れると粘膜が損傷しやすくなり不快症状が引き起こされます。

逆流性食道炎には、大麦若葉が原料の青汁がおすすめ!

 

通常、胃から食道へは胃液及び食べ物が逆流しないようになっていますが、様々な要因によって逆流することがあります。

青汁で逆流性食道炎の「炎症抑制」「損傷改善・予防」

大麦若葉から生成された青汁にはストレス軽減効果があります。

 

大麦若葉にはパントテン酸が含まれており、その効果である「神経細胞の生成、伝達」が良好になることによりストレスを軽減してくれます。

 

更に、ジアスターゼも含まれており、消化を促進することから胃液の過剰分泌及び、腹圧の上昇も抑える効果があります。

 

これら効果にプラスして、青汁全般に含まれているクロロフィルやビタミンA、βカロチン、ビタミンK、ビタミンC、カルシウムには炎症を抑制する効果や、細胞の損傷を改善する効果があります。

 

この効果により、食道の炎症を改善して不快症状を軽減させます。

 

また、緑黄色野菜はアルカリ性であることから、胃酸の酸性度を中和することができます。
胃酸の酸性度が中和されれば多少逆流しても食道が損傷されることがなくなります。

逆流性食道炎の原因って何!?

・肥満
・ストレス
・過食
・猫背
・消化の悪い食べ物
・加齢

 

これら要因は食道粘膜の感受性を高めたり、胃からの逆流を防ぐ食道括約筋の機能低下、腹圧の上昇などを招き逆流性食道炎を引き起こします。

逆流性食道炎を改善するためにできること

逆流性食道炎を改善するためには、青汁を毎日継続的に摂取るつこと、また、肉や魚、卵、乳製品といった動物性タンパク質や脂質の多い食事、甘い菓子類などを少な目にすることがポイントとなります。

 

更に、食事の量を腹八分目としてよく咀嚼することを意識するようにします。

 

他にも、食道粘膜の感受性を正常にするためにストレスフリーに努め、睡眠時間をたっぷりとることが大切だと言えるでしょう。