肥満を改善!青汁がダイエットに効く3つの理由

青汁には、肥満を抑制してダイエット効果を高める効果があります。

 

1

.食物繊維の力で食事量を無理なく調整

青汁には豊富な食物繊維が含まれています。
この食物繊維の効果を肥満改善に生かすには食事の前に青汁を摂る必要があります。

 

食前に青汁を摂取すると、その後から入ってくる食事の吸収を抑制又は穏やかにすることにより、栄養成分が体に蓄積されるのを防ぐことができます。

 

更に食前に摂取することにより、食事の量が減ることもダイエット効果を高めてくれます。

 

2.代謝アップ効果

青汁に含まれる食物繊維は、摂取することで胃腸の働きが良好になることが明らかとなっています。

 

青汁を摂ることで胃腸の働きが活発になると老廃物の排泄が良くなると、全身の代謝が促進され痩せやすい体へと導くという効果を得ることができます。

 

3.余分な水分を体外へ

青汁に一番多く含まれている成分として「カリウム」がありますが、カリウムには余計な水分を尿として排泄するという効果があります。

 

その為、青汁を摂ることで水太りを改善することができます。
余計な水分が体内に停留していると、全身的な代謝が低下して肥満を招きやすくなります。

メタボリックシンドロームの危険性

メタボリックシンドロームは内蔵脂肪型肥満に高血糖や脂質異常症などが組み合わさった状態を指しますが、高血圧や糖尿病、心臓病、腎臓病などの原因になることが分かっており、国を挙げて改善に取り組んでいます。

 

肥満度によって各種慢性病の罹患が増えるのは間違いないことなので、単に外見上の問題だけではなく健康のために改善することが望まれます。

 

青汁はあくまでもサポート!ダイエットを成功させるとっておきの健康食品です

青汁はダイエットのサポート的存在

青汁を肥満改善に用いる場合には、「長期に渡り継続する」ということが大事になります。

 

というのは、青汁を摂取してすぐに痩せるということにはならないからです。

 

青汁を摂取すると代謝が促進されて痩せやすくなることは間違いないことですが、一か月で5キロなど急激に体重が変化するという効果は期待できません

 

あくまでも痩せやすい体へと変化させる材料ということで、数年かけて徐々に体質を改善しつつ脂肪も減少していくことを目的とします。