青汁に含まれる胃炎改善成分で胃炎を予防・改善

青汁には、胃炎を改善・予防する効果があります。

 

青汁に含まれる

  • 抗酸化成分
  • 炎症抑制成分

により胃炎改善効果を発揮します。

 

更に青汁に含まれている酵素により胃壁細胞の代謝を促がされて胃壁にある傷や炎症の治りが早くなります。

 

青汁に含まれている胃炎改善成分ですが、消化される前の段階で一番効果が高くなります。
口から入り一番最初に停滞する場所が胃なので、胃への効果が一番高くなります

青汁は、胃炎の原因菌「ピロリ菌」を抑制

胃炎が引き起こされる一番のリスクとなるのが「ピロリ菌」です。
ピロリ菌を退治するには抗生物質や胃酸抑制作用のある薬が有効となりますが、一番大事なのは免疫です。

 

免疫がしっかりしていれば、胃壁に生息しているピロリ菌の活動や増殖を最低限に抑えることができます。

 

青汁には豊富な栄養素が含有されており免疫を活性させる効果がある他、含まれている食物繊維により免疫維持に一番重要な「腸内免疫」を常にいい状態に保つことができます。

 

青汁は、胃炎の原因菌「ピロリ菌」を抑制

このような働きにより、継続して摂取することによって常に免疫を高い状態に保つことができるようになることから、ピロリ菌によって引き起こされる胃炎を抑制することができます。

 

アルカリ性の青汁で過剰に分泌された胃酸を中和

胃炎の原因の一つに胃酸が挙げられます。
本来、胃酸は人間が生きていく為に必要なもので口から入ってきた食べ物を強い酸によって分解する役割があります。

 

しかし、同時に、自らのタンパク質にも傷害を与えることがあるのです。
胃壁は粘液でガードされているのですぐに胃酸によって傷害されることはありませんが、ストレスや食べ過ぎなどがあると、胃酸過多状態となるために胃壁に影響が及びやすくなります。

 

青汁はアルカリ性なので、過剰に分泌された胃酸を中和するという働きがあります。
普段より継続的に青汁を摂取することによって胃酸過多による悪影響を改善することができます。

胃炎改善に役立つこと

・腹八分目
・寝る2時間前からは飲食しない
・甘いものの過食はNG
・アルコールは控えめに
・脂っこいものはNG
・ストレスフリー
・緑黄色野菜を多めに摂取する
・免疫向上
・日常的に運動をする

胃炎ってどんな病気?放っておくと胃潰瘍や胃がんに進行することも!

胃炎はピロリ菌やストレスなどによって胃壁の表面に炎症が引き起こされている状態を指します。

 

この状態が悪化すると更に炎症が胃壁の奥深くまで進み、胃潰瘍や胃がんへと発展していきます。

 

胃ガンはピロリ菌やストレス、過食などによって繰り返し胃壁の細胞が炎症を起こすことにより、細胞が突然変異をして発症します。

胃炎ってどんな病気?放っておくと胃潰瘍や胃がんに進行することも!

 

このような重篤な疾病を引き起こさないためにも炎症を軽度のうちに改善しておくことが大事になります。