青汁が胃潰瘍を改善・予防する3つの効果

青汁には、胃潰瘍を改善・予防する効果があります。

  1. 炎症を抑制する効果
  2. 損傷部位の改善を早める効果
  3. 胃酸抑制効果

これら3つの効果によって胃潰瘍改善、予防に効果を発揮します。

 

ひどくなってしまった場合には病院での治療も併用しなくてはなりませんが、何事も「未病」といってまだ病気が発生していない状態のうちに治すことが大切です。

 

普段より青汁を摂取して病気を作り出さないように予防するという目的で青汁を用いることはとても意味のあることだと思います。

青汁の持つ抗酸化作用で胃潰瘍の症状を抑制

青汁が胃潰瘍を改善することができる理由の一つに、青汁の持つ抗酸化作用が挙げられます。
青汁の持っている抗酸化作用には、症状抑制に効果を発揮します。

 

青汁には

  • クロロフィル
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • SOD


などといった炎症の原因となる活性酸素を抑制する抗酸化物質が豊富に含まれています。

 

この抗酸化作用により、出来てしまっている潰瘍の改善効果はもちろん、潰瘍の予防にも効果的なのです。

胃潰瘍によって損傷した部分をスムーズに治癒!症状悪化も抑制

青汁にはビタミンKや各種アミノ酸などといった止血因子も含まれており、損傷部位が悪化するのを防ぐと共に改善スピードを早めてくれます

 

また、青汁に含まれるカルシウムも胃潰瘍に対しては効果大です。

胃潰瘍によって損傷した部分をスムーズに治癒

 

カルシウムには胃酸が大量に分泌されるのを抑制するという効果があることから、胃潰瘍悪化抑制及び胃壁に炎症を起きるのを予防する効果を高めます

胃潰瘍ってどんな病気!?

胃潰瘍は胃粘膜に炎症が引き起こされ、その炎症が組織の奥深くまで達しているものをいいます。

 

胃潰瘍が引き起こされる原因は様々ですが、多いのがストレスによって胃酸が多くなり、その胃酸により胃壁が炎症を起こし、その炎症が慢性化することによって潰瘍へと発展するというものです。

 

ストレス単独で発症するケースよりも、ピロリ菌に感染している方がストレスを受け胃酸過多となることにより発症するというケースが多くなります。

 

その他、消炎鎮痛剤などによっても引き起こされます。