1年を通して青汁を飲むことで花粉症を改善

1年を通して青汁を飲むことで花粉症を改善

青汁には体全体の免疫を活性させることにより花粉症などのアレルギー疾患を改善するという効果があります。

 

花粉症が始まってからではなく、一年を通して青汁を摂ることで体質改善を行うことにより効果が得られます

青汁が花粉症に効く3つの理由

1.腸内環境を整え、症状を抑制

花粉症を始め、アレルギー症状というのは、腸内環境のバランスが悪いことで更に症状を悪化させてしまいます。

 

青汁には、食物繊維が豊富に含有されており、人間の免疫の活性を左右する「腸内環境」を良好にすることができますので、花粉症状を抑制する効果を期待することができます。

2.抗酸化作用で更に免疫サポート

青汁には、消化酵素や炎症を抑制する抗酸化物が豊富に含まれていることから、胃腸の働きを助ける効果があります。

 

この効果によって更に腸内環境を良好にさせることができますので、体全体の免疫活性を向上させることができるのです。

3.アレルギーの原因となるリンパ球を抑制

青汁は含まれている食物繊維によって交感神経を刺激します。
食物繊維を摂取すると胃腸の蠕動運動が刺激されます。

 

蠕動運動が高まると交感神経が刺激され、交感神経刺激が高まると免疫細胞のうち顆粒球が活性化され、逆にアレルギーの原因となるリンパ球が抑制されます。

 

このように自律神経刺激を促すことによりアレルギーを改善するという効果もあります。

以上のように、腸内環境を改善して体全体の免疫を向上させることや、アレルギー疾患の原因となる免疫細胞のアンバランスを改善することなどにより花粉症及び各種アレルギー疾患の改善に効果を発揮します。

花粉症は何故起こる!?

花粉症などのアレルギー疾患の原因はハッキリと分かっていませんが、人間に本来備わっている細菌やウイルスなどを撃退する役目のある「免疫」にアンバランスが原因となっているという説が有力視されています。

 

人間の免疫には顆粒球やリンパ球、マクロファージなどの種類がありますが、これらのバランスや全体的な活性が低下しているとアレルギー疾患が引き起こされます。特にリンパ球という免疫細胞の亢進による発症が深く関係しています。

青汁に限らず、体質改善に即効性はなし!3か月〜半年は様子を見て

青汁を摂取してすぐに花粉症が改善するということはありません。

 

あくまでも体質改善としての役割であり、効果が出るのは体質が改善してからということになります。

 

体質が改善されるまでの時間としては個人差がありハッキリとはいえませんが、
およそ3か月〜半年程度を要しますので、一年を通して服用を続けることが望ましいといえるでしょう。

青汁に限らず、体質改善に速攻しはなし!3か月〜半年は様子を見て

 

青汁の効果を得るには食べ過ぎや運動不足、アルコールの過剰摂取、刺激の少ない生活などをなるべく改善するようにします。