青汁が憩室を予防改善できる3つの効果

青汁には大腸に出来る「憩室(ケイシツ)」を予防改善する効果があります。

 

青汁には食物繊維が豊富に含まれています。
この食物繊維の働きによって

  • 食の欧米化による腸壁への圧力を低減させる効果
  • 便の嵩を増やし、腸の蠕動運動を促す
  • 大腸の筋力が低下予防

という3つの効果を期待することができるのです。

 

このような青汁の効果を得るためには、毎日継続的に青汁を摂取し続けると共に、

  • 食べ物においても繊維質を多く含んだ野菜や果物を多めに摂る
  • 腹筋を使う運動などを行う習慣をつける

など、生活習慣を見直していく必要があります。

 

また、青汁には憩室によって生じる腸炎を抑制する抗酸化物質や抗炎症物質を豊富に含んでいることから、症状の改善にも役立ちます

 

憩室を悪化させない為にも青汁は必要!

憩室を悪化させない為にも青汁は必要

現代医学では強い腹痛や下血、炎症などがなければ憩室は特に治療を要しないとされています。

 

しかし、憩室を持っているといつ何時症状が悪化するか分かりません。
また、大腸菌などの悪玉菌の温床にもなることから、早期のうちに改善することが望まれます。

 

青汁には、憩室の予防・改善効果がある上、更に腸内環境を改善するという効果もあることから、憩室内にて悪玉細菌が繁殖するのを抑制すると共に、体全体の免疫を高めて慢性病を予防するという効果も得ることができます。

 

憩室をお持ちの方は、予防改善のために青汁を摂ることになりますが、憩室以外の健康管理にも大いに役立つので、憩室が改善した後も飲み続ける方が多くなっています。

憩室ってどんな病気?悪化すると腸炎や腸に穴が空くことも・・・

憩室とは大腸の腸壁に袋のようなものが出来て外側に飛び出します。
その袋のような飛び出し部分に便などが詰まり腐敗すると炎症などが起こり、ひどくなると腸炎などに発展したり、腸に穴が開いたりなどが引き起こされます

 

高齢者に多く若い人には比較的少ないといわれて、主に食の欧米化による腸圧が高くなることや、高齢になり腸の筋肉が減少して腸壁が脆弱になることなどが原因だとされています。

 

憩室ってどんな病気?悪化すると腸炎や腸に穴が空くことも・・・

憩室という病気は重篤な症状に発展するまでに、過敏性腸症候群とよく似た症状(下痢、腹痛、膨満感など)を起こすことが知られており、

 

原因を特定できずに症状が長引き重篤な症状に発展してしまうことがよくあります。