青汁は糖尿病にとって万能に働く!

青汁は糖尿病にとって万能に働く

青汁は、食前に摂ることで血糖値の急激な上昇を抑え、糖尿病の症状を安定させる効果があります。

 

他にも・・・

  • 食事によって入ってくる糖質の吸収を穏やかにする効果
  • 高血糖の原因となるストレスや炎症を緩和するという効果

があり、糖尿病予防はもちろん、既に発症された方にとっても有効に働く万能健康食品です。

青汁が糖尿病に効く!3つの理由

1.食物繊維の働きで糖の吸収を穏やかにする

糖尿病を予防、または症状改善を目的とする場合、青汁を食事の前に摂ることをおすすめします。

 

青汁を食前に摂り入れることで、その後入ってくる、糖を含む飲食物の栄養素の吸収が穏やかになり血糖値の上昇を抑制します。

 

膵臓という臓器は急に血糖値が上昇するとインスリンの過剰分泌を要求され、それが続くと疲れて機能が低下してインスリンの分泌も低下し糖尿病を発症します。

 

よって、血糖値の上昇を抑制するということがポイントとなるのです。

2.炎症反応を抑え、血糖値の上昇を抑える

青汁には含まれている抗酸化物質により炎症反応を抑制するという効果があります。

 

小腸や肝臓などに炎症があると血液中に代謝されない中性脂肪が増えることや、ストレスへの感受性が高まり血糖値を上昇させるという反応が起きやすくなります。

 

青汁を継続して摂取することにより、体内に引き起こされた炎症反応が緩和されるので血糖値が上昇しにくくなります

3.腸内環境を改善し、血糖値を落ち着かせる

糖尿病は腸内環境の悪化との関連性が示唆されており、腸内環境を改善することにより血糖値を抑制できるという研究発表もあります。

 

青汁には含有されている食物繊維や酵素の働きにより、腸内環境を改善するという効果があることから、糖尿病改善に併せて効果を発揮します。

他人事なんて思ってたら危険!?誰にでも発症する可能性のある糖尿病とは!?

国が発展して誰もが裕福になったことや、食の欧米化によって脂質や糖質が多い食事に変わったことなどが原因となり、糖尿病患者は年々増え続けています。

 

糖尿病の主な原因は食べ過ぎや運動不足によるもので、先天的な体質が原因であるT型糖尿病はごくわずかです。

 

糖尿病は血液中の糖質が増える病気ですぐに死に直結するというものではありませんが、細胞を糖化させることにより徐々に全身の細胞を硬化させ機能低下に追い込みます。

 

心臓病、眼病、腎臓病やガン、各種神経障害など様々な病気の原因になります。

青汁はサポートとして有効!決められた食事療法に青汁を摂り入れるのがポイント

糖尿病改善に一番効果を発揮するのは栄養素をバランス良く摂り入れエネルギー過多にならないよう制限するという方法です。

 

糖質や脂質を始めエネルギーを決められた量に制限することで、血液中のエネルギーが細胞に使われるために血糖値の上昇を抑制できます。

 

更に、アルコールは肝臓にて中性脂肪の遊離を促し血液中のエネルギー量が増えるのでよくありませんので、飲酒は程々にするようにします。

青汁はサポートとして有効!決められた食事療法に青汁を摂り入れるのがポイント

 

睡眠の質も大事になるので、質のいい睡眠を心掛け7時間くらいを目安に眠るようにします。