青汁の持つ、ストレスに対する2つの効果

青汁には

  • ストレスによる神経の高ぶりを改善
  • ストレスによる体への悪影響を緩和

という現代人にはなくてはならない、2つの効果があります。

青汁に含まれるストレス対策に有効な成分とは!?

青汁にはストレスを緩和する作用のある「パントテン酸」と「カルシウム」をが豊富に含まれています。

パントテン酸:神経伝達を正常にすることでストレス対策に有効
カルシウム:精神安定効果があり、ストレスによる精神的な不安定を改善

更に、ストレスによって大量に発生する活性酸素を中和する働きのある抗酸化物質が沢山含まれているという特長があります。

青汁に含まれる抗酸化物質
  • SOD酵素
  • クロロフィル
  • 各種ビタミン

 

これらの抗酸化物質によって、細胞を酸化させる活性酸素消去に役立ちます。

青汁を飲むことで、ストレスによって生じる病気に打ち勝つ

青汁を飲むことで、ストレスによって生じる病気に打ち勝つ

ストレスを感じると代謝が促進してエネルギーの枯渇を招きうつ病やだるさなどを引き起こしますが・・・

 

青汁にはタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれている他、栄養の吸収という役割を持つ胃腸の働きを向上させる効果があることから、相乗効果でエネルギーを増やす働きを引き上げてくれます

 

更に、ストレスが長期に渡ると血糖値が上昇して糖尿病を招く危険が高まります
食前に青汁を摂取すると、糖質の吸収が穏やかになり血糖値の急上昇を防いでくれます

 

また、血糖値が高くなると血液中の酸性度が増す傾向にありますが、青汁はアルカリ食品なので体が酸性に傾くのを防いでくれます。

ストレスが引き金となって起こる怖い病気

ストレスが体に加わると血圧や血糖値が上昇して脳や筋肉に栄養が沢山送られるようになります。

 

一過性なら問題ありませんが、この状態が続くと細胞の糖化による損傷、代謝促進によるエネルギーの枯渇、活性酸素の発生による細胞の損傷、免疫のアンバランスなどにより体に変調をきたします。

 

状況が長期に渡ると、糖尿病や脳梗塞、心臓病、ガン、各種精神疾患などの原因になります。

青汁と一緒に続けたい、ストレス対策食品と生活のポイント

ストレスを緩和させる役目として体から分泌されるホルモンとして「副腎皮質ホルモン」があります。
このホルモンの分泌がないと人はストレスによって命が危険にさらされます。

 

副腎皮質は鉄とビタミンC、コレステロール(卵、えび、肉、するめ、レバーなど)などから生成されるために、これら食材を多めに摂取することが求められます。

青汁と一緒に続けたい、ストレス対策食品と生活のポイント

 

更に基本のストレスフリー、スキンシップ、規則正しい生活習慣などを心掛けるようにします。